こんにちは!
皆さまは自動車の事故を目撃したり、自分が被害者になったことはあるでしょうか。
交通事故というのは、いつ自分が加害者にも被害者にもなるかわかりません。
今回は、自動車運転中自分が追突されたらどう動くべきか解説します。

なぜ、追突事故かというと、追突事故は全交通事故件数の半分弱を占めるほど一番よく起こる事故類型なんです!
急な事故に動揺して、適切な対処ができないと、後々損をすることになってしまいかねませんので記事を読んで基本的なことを理解してください。

事故発生時何をするか

事故発生直後は動揺して何をしていいか分からなくなるかもしれませんが以下のことをしてください。

①警察への通報
②保険会社への連絡
③連絡先の交換・証拠集め
④病院での診察
⑤人身事故の申請(負傷時)


では、それぞれなぜしなければならないか説明します。

①→どんなに軽微な事故であっても、警察への通報は法律上の義務で罰則もあるんです!
加害者が通報しない場合は自分で通報しましょう。
また、警察を呼ばないかぎり、事故が起きた事実を証明する『事故証明証』が発行されません。
事故証明証がないと、加害者への損害賠償請求や保険会社の補償が認められなくなる恐れがあります。

②→事故直後のサポートも受け付けている保険会社もありますので、警察に通報した後すぐ連絡すべきです!
弁護士費用特約に入っていれば、事故に関しての弁護士費用を支払ってもらえます。

③→警察が事故現場に到着するまでに、加害者と連絡先の交換を済ませておきましょう。
加害者本人との連絡が必要になる場合もあります。『名前』『住所』『電話番号』は聞いておきましょう。

警察も呼んでない、相手の情報も聞いていない、となると何の補償も受けられなくなりますよ・・・。

④→事故直後、体の異変に気付かなったが、実はむち打ちになっていたということもあります。
交通事故はケガをしているかどうかでその後の対応がかなり変わってきます。

⑤→賠償金の額や事故後の調査(実況見分)の有無、保険の適用範囲、加害者への処罰の有無など、物損事故は多くの面で人身事故に比べて不利です。
警察で物損事故として処理されている場合、診断書を提出して人身事故に切り替えてもらいましょう。


保険会社対応

追突事故の場合、ほとんどが被害者には過失はありません。
そして、こちらに過失がある場合には自分が加入している保険会社に示談交渉を代行してもらえるのですが、過失がない場合には代行してもらえないのです
なぜそんなことになるのでしょうか。
それは、こちらが無過失の場合、被害者は損害賠償責任を負わないので、被害者の加入している保険会社も当然何の責任も負いません。
と、いうことは、その保険会社は事件に利害関係を有しないので、代行するとすれば被害者の代理人として示談交渉をすることになりますが、それは非弁行為として違法になってしまいます。
弁護士以外が人を代理することは基本的に禁止されています(弁護士法72条)。
保険会社も責任を負う場合でないと示談交渉代行はできないのです。

では、追突事故の場合、ある程度自分で保険のことを知らないといけませんね。

まず、自賠責保険は強制加入の保険なので、事故の相手も当然加入しています。
ただ、自賠責保険は人身賠償しか対象としていませんし、傷害の場合の最高額は120万円と決められています。
そこで、物損(車の修理代等)や、120万円を超える人身損害については、相手方から取るか、相手方が任意保険に加入していれば、その保険会社から取るということになります。

ここで重要なのが、 通常、交通事故の慰謝料は保険会社が定める独自の基準で算出されますが、この基準は裁判を起こして請求できる慰謝料の相場よりも、低く設定されているケースがほとんどです。
そのため、弁護士に示談交渉を依頼して適切な慰謝料を請求してもらうことで、ほとんどの場合、示談金を増額できるのです。
また、依頼すれば、弁護士が交渉をしてくれるので、自ら保険会社と煩わしい交渉をする必要が無くなります。

まとめ

ここまで書いた知識があれば基本的に交通事故に適切に対応することができます。
難しい部分は専門家に任せてください。

ある日突然、事故の被害者になってしまった場合、自分でできることはしっかりして、あとは弁護士に任せてしまうのが一番いい選択と言えるのですね!

法律相談は、mitsumura@vflaw.netまで!